人気のかにレシピをつくってみませんか?

かに通販が人気の理由
Home » 人気の秘密 » 人気のかにレシピをつくってみませんか?
人気の秘密 | 11月01日更新

人気のかにレシピをつくってみませんか?

おでん、シチュー、鍋などなど冬ならではの食べ物はたくさんありますが、かにもそのひとつとしてあげてよいでしょう。
かにそれ自体は身体をあっためるといったものではありませんが、漁獲量はやはり冬に倍増しますし、なによりその時期、特に年末年始になると予約が殺到するのがかにですから。

食べ方は自由、ボイルかにが届いたらさっそく冷蔵庫に入れてじっくり解凍、そのままいただくのもいし、焼きガニといって半剥きにした状態のかにを網のうえで焼く方法もあります。
これに醤油を垂らし、日本酒を飲みながら食べると最高なんですね。
さらには、あまり知られてない食べ方ですが、かにしゃぶしゃぶ。
昆布だし、これは市販のものでよいのですがこれを用意して、ポーションといわれるかにの身入りの詰まった部分を時間にして10秒ほどつけて食べる、これも最高に贅沢ですね。

さて、先ほども述べたように、かにの注文は年末年始に激増します。
かには、乱獲や輸入規制によって供給量が減っているせいかいまだに高級品となってしまっていますが、そのためもあるでしょうか、やはり年末年始の、新年会や忘年会での特別な席でのみ食べるひとが多いのですね。
でも、その時期だけにこだわるのはもったいない。
年末年始、というくくりを外せば、実は余裕を持っておいしいかにをお取り寄せできるかもしれません。

たとえば、タラバガニ。
本場北海道からお取り寄せするのが一般的ですが、これのシーズンはなんと3月まで。
つまり春先になったときにはまだかには食べられるということですね。
これに対し、たとえば日本海側で獲れるたタラバガニになると、これは春では注文は難しいです。
福井沖でとれる越前ガニ、山陰沖でとれる松葉ガニなんかはいわゆるブランド化された高級ズワイガニですが、これらのシーズンは11月から1月まで。
まさにイメージ通り、といった感じですが、狙うなら11月の早い時期といったことになるのでしょうか。
ともかく、かにの種類や産地によってシーズンも異なると認識しておきましょう。

top